KLX125インプレ

klx125

先日、以前から興味があったKLX125に、レンタルバイクで乗る機会がありました。
レンタルバイクなので少々残念ながらグラベル路を走る訳にはいかなかったので、ターマックのみのインプレです。

まず取り回しですが、重量が100kgを超えるので、ハンドルを持って軽く左右に振ってみると、それなりの重さは感じます。
ただ、前後に押し引きをした時は、「ヌルッ」とスムーズに動くので、意外と軽い印象です。

さてエンジンを始動します。色んな方がインプレで仰る通りセル1発で即始動します。
アイドリングの音は非常に静かです。これなら近所迷惑にならなくて良いですね。
軽いタッチのクラッチレバーを引いてギアを入れスタートしますが、クラッチのつながりは極めてスムーズで、ヌルッと走り出します。

5速ミッションで極低速~60kmの燃費走行までカバーするため結構なワイドレシオの設定ですが、各ギアのつながりはスムーズです。
シフトアップやダウンのシフトぺダルも軽いタッチで小気味良く出来ます。
排気量が小さいので低回転トルクはモリモリとはいきませんが、市街地走行には十分なトルクでしょう。
低回転で走っている時はアイドリング同様に非常に静かで、自分のバイクの音よりも周囲を走る他のバイクの音の方が良く聞こえるくらいです。
パワーも控えめなので高回転まで回してもドカンとくるパワーはありませんが、それなりに「ヌルーッ」とパワーが出てきます。
回すとようやく自分のバイクの音が聞こえます。単気筒らしい「ブイーン」という音で、程良く低音が削ってある軽快なサウンドです。

ハンドリングですが、これも文字で表現すると「ヌルッ」とした感じです。
直進安定性はそれほど高いバイクではない感じですが、変にヒラヒラした感覚はなかったです。ビシッとした直進安定性はないので、横風には少々弱いと思います。風が強い日は少し気を付けた方が良いでしょう。
山道のコーナーで曲がる時は、「スパン」と一気にバンクする訳でもなく、「グイッ」と力を入れてバンクさせる訳でもありません。
バンクさせ始めは軽くバンクしてゆく感じですが、比較的浅いバンク角で「ヌルッ」と安定しようとします。
凄い安定感がある・・・とまでは言いませんが、軽快さと安定感を両立させたらこうなったのでしょう。

何だかインプレ全体に「ヌルッ」という表現が出てきますが、良い意味でエンジンやブレーキ、ハンドリングまで尖っているところがなく、上手に丸めているのでこのような感じになったのではないかと思います。
突出した性能というのは燃費性能以外には無いかもしれませんが、総じてバランス良くまとめられていています。
その燃費は、かなり驚異的です。今回乗ったルートは京都市中心部から京都市右京区の「ウッディ京北」まで、往復約60kmの行程でしたが、信号の少ない田舎道中心とは言え、ほぼ1Lの燃料消費で済みました。
つまり、リッター60kmです。レンタルさせて頂いたバイクショップの店員さんに教えて頂いた話では市街地中心で乗った場合でもリッター40km位は走ってくれるそうです。
気軽に乗りたい方には重要なポイントかもしれませんね。

最後になりますが、オフ車では問題になることが多い足つき性について。
165㎝・58kgの僕が乗った場合は、両足のかかとまでベッタリと着きます。
男性の場合は大抵の方は問題にならないと思います。
身長が158cm位の女性の場合は流石に両足のつま先くらいまでしか着かなかったです。
もし不安なく街乗りをしようとするならば、少々シートの角を削ったりして足つきを良くした方が良いと思います。
シートのアンコ抜きは、それほど難しい作業ではありません。
道具を揃えて丁寧に作業すれば、1日あれば出来ると思います。

参考までに、前ブログでアンコ抜き作業の様子をレポートしてますので、参考にしていただければ幸いです。

https://note.mu/venico/n/n08a33a93ebbf

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください