フィリピン航空のビジネスクラス

年末の旅行にはちょっと早いのですが、ピークシーズンを避けてこの11月末〜12月上旬にかけてフィリピンに行ってきました。

去年に続いてまたビジネスクラスを使わせて頂いたので、そのレビューなどを書いてみますね。

ハッキリ言いますがフィリピン航空は飛行機も設備もボロいです。
ビジネスクラスも『???』っていうレベルの座席です。


優先搭乗について

通常はビジネスクラスの優先搭乗があるのですが、客が少なすぎて優先の意味がほとんどなかったです。

しかも帰りはその優先搭乗の分別すらなく、ごちゃまぜで搭乗開始(笑)。

ただ機内への優先搭乗とは別に、空港内では保安検査場への優先チケット『ファストレーン』というのがあり、乗務員専用の列に並ぶことができます。

年末みたいに手荷物検査が激混みの時には大変重宝しますが、今日みたいにすいている時はあまり意味がなかったかも。それでもこのファストレーンの入口がわからず、通常の列にならんでしまったアホな私。

機内座席は狭い。

フライトが片道4時間〜4時間25分くらいと短距離、小さな飛行機なので仕方がないのですが・・・。

エコノミーの座席が横に3列−3列、ビジネスが2列−2列です。だから横幅は1.5人分のスペースがあるのですが、前後のスペースがかかなり窮屈。



前の座席の人がリクライニングを倒したら、もう前のスペースが無くなるぐらい。前後のスペースはエコノミーと同じなのか、それともエコノミーはもっと狭いっていうことなのでしょうか?



シートのリクライニングもボタンが一つだけです。(ボタンがたくさんあるように見えますが、一番手前の出っ張りのあるものだけがリクライニングボタンで、それ以外は動きません。)
前後スペースがないから当然ですが、リクライニングもあまり後ろに倒れません。フットレストもなし。シートが大きい分、足が浮いてしんどかったです。



前のシートにモニター画面はありません。そのかわりタブレットを配ってきます。映画・TV番組・音楽などのメディアが用意されてます。

機内食は普通。

食事は1回出てきます。メインメニューは3種類から選択。



これが前菜。



メインはパエリアとポーク。



デザートはハーゲンダッツ。コーヒーは薄かった。

帰りの方も公開!



前菜。


メインは多分、スペイン料理。



アイスクリームは別ブランドのもの。

帰りは飛行機がすごく揺れて余り食べれなかった・・・(T_T

空港ラウンジはすばらしい。

関西空港では『サクララウンジ』。去年使ったラウンジよりはかなり広い方でした。暖かい料理のビュッフェがおいしいです。

で、帰りのセブ空港の方ですが、ここは新しいのでしょうか?



広くてきれいです。


ビュッフェがどれもとっても美味しい。


ストウブ鍋?らしき物も使われているし。

コーヒーは注文してから、いちいち豆から挽いてくれるんです。
機内食やセブ滞在中、コーヒーはどこでもオールインスタント味だったので、セブってもしかしてコーヒー豆がないのか!?って思っていたほど。
だからここで美味しいコーヒーが飲むことができて、とても満足でした。


最後に、フィリピン航空の評価できる点も書いておきます。

フライトスケジュールも毎日飛んでいる割には、きっちり定刻通りで正確です。
預け荷物も盗難にあうこともなく、到着後すぐに出てきました。
乗務員のサービスも愛想も、とってもいいです。搭乗したらすぐに担当の乗務員が自己紹介で名乗りに挨拶にきます。
あと、フィリピン人のお姉さんはとてもキレイでかわいいです (^_^;

こちらのサイトには去年に乗ったマレーシア航空のビジネスクラスの様子をレポートしております。よかったらご覧ください。

https://note.mu/venico/m/m091021322748

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください