リゾートだけではない、セブ観光

最後に観光の話です。
セブ島というとリゾート地のイメージがありますが、実は見るべき観光スポットもいっぱいあります。

アジアンな混沌とした街並みが好きな人にも楽しめるし、元スペインの植民地だったので、教会など植民地時代の古い建築物が残っています。
通貨もペソ(peso)を使ってますね。

そして、今でも国民のほとんどがキリスト・カトリック教徒。
街はアジア的だけど、あちこちに教会が建っていたりして異色な雰囲気です。
フィリピンがラテンアジアと呼ばれるのもわかる気がします。

カトリック教会についてですが、中南米の教会はウルトラバロックなどと呼ばれたりして
だいぶ現地風にアレンジされているけど、
ここフィリピンの教会は質素で、かなりスペイン本土の教会に近いような感じです。
教会マニアには一見の価値あり。

写真がたくさんあるのですがこちらのblogにアップするには写真が多すぎるので、画像ギャラリーはnoteの方にまとめました。
外部リンクですみませんが、是非こちらをご訪問ください。

↓    ↓    ↓    ↓

https://note.mu/venico/n/ne69736802837 https://note.mu/venico/n/n4e3b20b33636 https://note.mu/venico/n/n926a22f1f918

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください