2017motoGPオフィシャルテスト【セパン観戦記2】

テスト2日目の現地の様子です。

この日は雨上がりで路面がなかなか乾かないため、
朝から14時ごろまでライダーはあまり走らず。
ピットでは、ほとんどのチームはシャッターを閉めてるか、時々開けることがあってもまたすぐに閉めてしまう。
ライダーが出入りする最低限の間しか開けないよーって感じで、グランドスタンドで待って見ている客としては結構ヒマです。

誰も走らないので、会場内の客は自然とロッシピット前に集まってくるしw

空いているピットがロッシのとこ。このエリア周辺の観客席は異様に密度が高い。
(すみません、わざとじゃないけどすごいピンボケ画像です -_-;)

そんな中、さすがにサービスなのかロッシがピットから出て来た。
無料客(笑)のためにわざわざピットロードを横切ってサインボードを出すところから顔を出す。こっちのグラスタの客席に手を振って大サービス。
会場内、物凄い大歓声でした!!!

この後スズキの方でもリンスがピットから出てきてこっちに手を振ってくれました。

14時30分以降はようやくドライコンディションになり、15時頃にはほとんど全員が走り始めた。
・・・けど、やっぱりこのコンディションだと昨日に比べてみんなポロポロこけ始める。
バズが私の目の前の9コーナーでズズズッて感じで軽くコケてたし、

マルケスはピットから出てきた1ラップ目にいきなり12コーナーで急に消えて戻って来なくなったので、てっきりコケたのかと思ったけどマシントラブルだったのですね(←ちょうど私の見ていた位置から見えない部分の出来事だったので後で知った)。
マルケスはマシンにのったままリアカーで運ばれてました。

ペトルッチは8コーナーでズサーッてこけていた。

生中継映像を見ていた人ならご存知だとは思いますが、この日のセッション終盤17時頃にレッドフラッグが出た場面がありました。
ティト・ラバトが11コーナーで、ものすごいハイサイドで宙に浮いたんです。

その場面をはっきり見てしまった (;;OдO;lll))))ガタガタ

見てた方が悲鳴あげるほど恐ろしいクラッシュ。
バックスタンド席から一番奥の遠いところなのですが、それでもライダーが宙に浮いて一回転したのが見えたぐらい。
※バルセロナスタジオからの中継字幕では7コーナーでクラッシュってなっていたけどあれは違ってて、ティトがクラッシュしたのは11コーナーの立ち上がりの所です。

あの時の状況は、
先頭からペトルッチ ← ティト ← マーベリックという感じで、この3人がお互いちょっと間を保った状態で一緒に周回を重ねている最中(3、4ラップ目ぐらいだったか?)に起きた事故でした。

ティトの単独クラッシュだったので、前のペトルッチはそれに気付かずに走り続けたようですが、ティトのすぐ後ろを走っていたマーベリックはもろに彼のクラッシュを目の前で見ていて、これはかなりやばいっ!て思ったんでしょうね。
わざわざ自分のマシンを止めてしばらくティトの様子を伺っていた・・・。
コースマーシャルもレースウィークじゃないから人数が少なく、特にあのコーナーにはほとんど人がいなくて、他の人が駆けつけるまでしばらくティトのそばから離れられない様子だったので、ますますやばそう。

ティトはイン側の方にふっとんだみたいで、私の見ていたグランドスタンドからだとクラッシュの瞬間ははっきり見えたものの、倒れた後は手前にある壁で見えなくなり、あとはどういう状態になっているのかよくわからなかった。(→追記:クラッシュ後の画像がありました。閲覧注意

しばらくして助けがいっぱいきたので、マーベリックもまたマシンのエンジンをかけて、ピットに戻って行った。
そのうち赤いハイエースの救急車も来てますますやばいのかと思ったが、ドクターヘリ(この日もホームストレートに待機していた)じゃなく、救急車に乗せて運べる状態だったみたいだから、この時点では彼はものすごく深刻な状態では無いと確信できました、とりあえず。

あの11コーナーの立ち上がりのところってマルコ・シモンチェリの死亡事故があったところですが、なんとなくあそこは遠目に見ていて嫌な感じだったんですね。
現地で見てよくわかったけど、11コーナーから12コーナーにかけてかなり下っている。
セパンサーキットって国際空港に隣接しているから、テレビ画面で見ている限りはオールフラットなサーキットっていうイメージがあったけど、実際はヤシの丘がすぐそばに迫っていたりして、意外とアップダウンの多いサーキットだということが今日初めてわかりました。

その後レッドフラッグも解除されて、最後の1時間もチェッカーが振られるまで、みんなみっちり走り込みを再開。

時計はちょうど18:00をすぎたところ。
まだまだたくさんのライダーが走っていたけど、この時間になると観客も帰ってしまい、ほとんどまわりに人がいない・・・。
このだだっ広いグランドスタンドを貸切で観戦している気分でした (*'∀'*))

冬のオフシーズン期間中の公式テストは各チームとも周回を重ねるスケジュールが多いようで、10時から18時までの8時間、天気さえよければランチタイム以外は頻繁に走ってくれるようです。
観戦する方としてもかなり密度の濃いテスト内容となりました。(←なんのこっちゃ)

次はおまけ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください