格安航空を初めて使ってみた【Part2】搭乗券は自宅でプリント!?

では、いよいいよ予約から始めます。
自宅のパソコンなりモバイルなりで、インターネットから自分で手配します。

予約=支払いが済めば、チェックインは搭乗日の2週間前からweb上で手続きができます。
つまり自宅にいながらチェックインまで済ませてしまえ、
ボーディングパスを自分で作ることができるわけですね。

webチェックインを済ませたら、
自宅のプリンターで搭乗券を印刷します。

ここがLCCを使う一番のカルチャーショックな場面。

ただし関空の国際線はこのシステムを認めてないようで
関空から出国する場合は『ドキュメントチェック』を受ける必要があります。
プリント印刷した搭乗券ではそのまま搭乗できず、通常のボーディングパスに引き換えなければなりません。
逆にマレーシア空港から出国する場合はこのプリント用紙のままでOKでした。

手前・関空で発行した通常のボーディングパス(行き)と
後ろ・自宅でプリントしたボーディングパス(帰り)。

質問者の写真
このややこしい『ドキュメントチェック』については、後日詳しく説明します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください