格安航空を初めて使ってみた【Part8】LCCの客室乗務員は!?

LCCがどこでコスト削減しているのか!?
と考えた時、素人的に真っ先に思い浮かぶのが『人件費だ!』『客室乗務員の削減だ!!』と。

そもそも機内に客室乗務員は配属されているのか??
いたとしても、きっと1人しかいないとか・・・?
どんだけ無愛想なんだろう・・・。

乗る前にこんな感じの先入観がありましたが・・・。
国内線などの短距離路線の場合は未確認ですが、今回乗った国際線ともなると普通にフルサービスキャリアと同じぐらいの人数で客室乗務員が揃っているように思われました。

今回のマレーシア路線の機内。

このエアアジアXでは、日本人クルーも1人配備されています。
食事タイムの配膳も有料ドリンク販売も1ワゴンを2人づつで回っていて、すぐに配ってくれました。
みなさん、愛想もサービスもとても良かったです。


そして、制服がかっこいい!!!
キャビンクルーのユニフォームが『真っ赤』っていうのが奇抜な発想なんでしょうか。
女性はもちろん、男性はダークカラー1色で襟元から前面にさりげなく赤いラインが入っていて、これまたかっこいい!

こんな感じ。
これはかなり印象に残るユニフォームです。

話は逸れましたが、
結論として、LCCは飛行中の客室乗務員の人数をすごく極端に減らしている・・・
ってわけでもなさそうなんですね。

次はいよいよドキュメントチェックについてのお話です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください