ストックフォトでのブランク期間はどうか?

ストックフォトを初めてもうすぐ1年になります。
その間ほぼ毎日ストックフォトにイラストや写真を寄稿し続けてきました。
10サイトに登録&寄稿中、ありがたいことに5サイトは順調に軌道に乗りつつあります。

しかしこの冬、2ヶ月の間に2回ほど海外に行ったりしてバタバタしていてブランクができてしまいました。
このブログも放置状態だったのでブログの管理と更新をしていたら、今度はストックフォトへの寄稿があっという間に2ヶ月ほど放置状態になってしまいました (-_-;

ずっと続けていたのに2ヶ月もブランクができたら売れ行きがちょっと気になりますね。
その間の販売状況はどうなっていたかというと・・・。

質問者の写真
テーマは、『ストックフォトは放置しても不労所得につながるのか、どうか?』


ACはブランクができたら少しダウンロード数が落ち込みました。
あそこはわりとリアルタイムに反映されているようで、
ストック数の多さよりも日々のマメな更新が必要なのかも知れないです。

PIXTAfotoliaは実にわかりやすくて、
ブランク中はびっくりするほど全く売上が途絶えてしまい、
寄稿を再開したら、またどんどん売れ始めました。
AC以上にかなり『リアル寄稿』と比例しているように思えます。

と、ここまでは日本語のサイト。

不思議なのがシャッターストックです。
一番放置状態だった1月に売上が伸びてました。
2月はちょっと落ち込んだものの、この3月はなんと過去最高の売上記録(←自分の中では)を更新中です。

この1年間のshutterstockでの月別売上表

あと、私が留守にしている間にiStockはいつのまにかサイトが変わってるし!?
gettyimagesに吸収されたんでしょうか。
もともと使いにくいサイトだったのに、ESPっていうさらに使いにくいサイトになったような気がするのですが・・・。
サイトが変わってからまだ一度も寄稿できてません (-_-;

と、ブランク中はざっとこんな感じでしたが、
1、2ヶ月程度ならブランクと言うほどでもないのでしょうかね・・・。

私もまだまだ駆け出しで作品数がとても少なく、ちょっとしたブランクでもリアルに反映されているのかも知れません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください