アスリートメニュー作りました! 夏バテ防止にもおすすめ

もし自分がアスリートでなかったとしても、
ヘルシー志向に興味があるのなら、プロの選手は何を食べているのか?
その内容が気になりますよね。

で、いろいろなライダーのSNSにアップされた料理を見ていて気づいたのが、
もっともポピュラーなのが鶏ムネ肉ではないかということ。
もしくは白身魚や脂肪の少ない赤身肉など。
それに焼き野菜やサラダなどを組み合わせたものが多いです。
そして、炭水化物もエネルギー源としては重要で、レースウィークには炭水化物の量を増やすようです。日本みたいにご飯(お米)の盛り合わせか、パスタなど。

こちら去年(2016.8.8)の記事ですが、Box Repsolのブログでライダーの食べる料理メニューが紹介されてました。

ホンダのホスピタリティメニューです。

あと他にもスズキや、

KTMなんかも、

確かにどこのチームも、ムネ肉の登場率が高い!
なるほど、こんなの見たら鶏料理はムネ肉じゃないとダメなような気がしてきた(^_^;

鶏ムネ肉って固いし、パサパサしているのであまり好きではなく
今まで鶏肉はほとんどモモ肉ばかり買っていたけど
ムネ肉って、とてもヘルシーでしかも安いんですよね!
単価はモモ肉の約半値。
なのでお腹いっぱいになるまで、たくさん食べられる。

では、どうやったらムネ肉をもっと柔らかく美味しく食べられるのか?
以前テレビで
『舞茸をみじん切りにして擦り込み、浸け置いてムネ肉の繊維を壊す』ていう方法が紹介されていました。確かにこれですごく柔らかくなるのですが、ちょっと手間がかかりすぎで、舞茸の味も染み込むので自分好みの味付けにできないし・・・
結局一回しか試さなかった😅

もっと楽で簡単な方法はないものか?
ネットで色々調べた結果の自我流ですが、うちではこの方法で決まり!
肉を切る時は繊維に垂直になるように切って、なおかつフォークでブスブス刺して繊維を壊し、最後に塩をちょっともみ込んでおくと・・・。
あら不思議! すごく柔らかくなるのです!!
これならほとんど手間もかかりません。お手軽。

当ブログは料理サイトではないので、手順の詳細は省略させていただきますね。
興味のある方はムネ肉が柔らかくなる調理方法を検索してみてください。

レプソルの記事を見て以来、ここ1年はうちでは頻繁にムネ肉料理が登場するようになりました😜

こんな感じ!

Venicoのとある日の食卓🍴

ムネ肉のステーキと焼き野菜。
サラダの盛り合わせ。
味付けだけローテーションで色々変えています。

おお、これでライダーメニューの出来上がりです💪
簡単で美味しいので是非おすすめ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください