急いでEIN取得

今回はアメリカ(USA)の源泉徴収についての話です。

なんと予想外にiStockでの売り上げが増えてきました。
6月スタートのキャンペーンに参加したのが関係しているのかどうかはわかりません。
とにかく初回は換金まで1年かかったのが、2回目は2ヶ月で達成です。

そこで懸念が一つ。

iStockというか、Gettyimagesでは米国以外での売上分には課税されませんが、
米国向け販売には約30パーセントが米国に源泉徴収されています。

初回の換金は1年もかかっていて、米国内での売り上げもそんなになかったので、
30%といっても幸い7ドル程度の源泉徴収で済みました。
1年間で7ドルの徴収・・・って放っておいていいギリギリの割合かな。

でもここ最近は予想外に売り上げが増えてきて、しかも幸か不幸か米国内での売り上げが半分以上を占めてきて当初の予想とだいぶ話が違ってきました。
これが続くと、結構まとまった金額を今後定期的にUSAに納税し続けることになるのです。
これを放っておくと、なんだか今後売れれば売れるほど損していく気がしたので、面倒だけどUSAでの源泉徴収が免除になるためのEIN取得の手続きをしてみました。

申請書類(SS-4)を作成し、アメリカ合衆国のIRSにFAXを送信します。
だいたい4営業日ぐらいで、納税者番号を記されたフォームがFAXで返信されてきました。
IRSの所在地と日本とでは時差が-13時間あるので、おそらくこちらの夜中にFAXが返信されてきます。着信音の設定に注意!

納税者番号をもらったら、ESPフォームからゲッティイメージズ宛に更新したW-8BENを再提出します。
手続きは以上です。4、5日で手続きが完了。
こんなに簡単だったらもっと早く申請しておければ良かった😓

おかげで2度目の報酬は米国分の税金(今回だけで約20ドル)が、まるまる還付されていました。

EIN取得方法を公開しておられるサイトはAmazon Kindleで販売している方の例がほとんどですが、ストックフォトでも手順はほとんど共通だったのでかなり参考になりました。
ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください