へレスCEV moto3&ETC『若手のホープがどんどん成長中』

CEV moto3ジュニアではまたまた大盛り上がりでした。
レース2では最終ラップ最終コーナーでトップ争いをしていたロペス、フォッジャ、マシアの3人が転倒。4番手を走っていた小椋藍がCEVで初優勝です。

〈↓クリックで拡大〉

左から2位ビセンテ・ペレス、優勝・小椋藍、3位ユルチェンコ

この展開はルマンの時と似ていますね
とにかくmoto3ジュニアクラスは、エントリーだけでも超激戦になっているし、ポイントランキングも熾烈な戦いなので決勝レース終盤におとなしく終わる人たちではありませんw
しかしロペスとマシアはよく転倒しますねぇ・・・。
特にロペスは典型的に勝つかコケるかタイプだわ😅

小椋くんは、ルーキーズカップでも活躍中だし、最近のRoad To motogpでは日本人勢のレベルアップが凄まじいです。

ところであまり話題になっていないけど、
ETCのアンドレアス・ペレスがなぜかこのmoto3にも出場している・・・。
まさかまさかのダブルエントリー!
両クラスとも『Reale Avintia Academy』から出場しており、moto3の予選は22番グリッドで、44名エントリーのちょうど真ん中ですね。

しかし、本日のスケジュールは
moto3 → ETC → moto2 → moto3 → ETC
moto3とETCは2レースずつで、しかもスケジュールが絶え間なく続いているんですが、1日に4レースも走るつもりなのでしょうか!?

moto3 レース1では確かにグリッドに付いていたみたい。

しかも直後のETCレース1では優勝した。
〈↓クリックで拡大〉

左から2位トレド、優勝ペレス、3位パーヴィライネン

まとめると、
moto3 race1は途中でリタイア、終了後すぐにETC race1出場。ポール・トゥ・ウィン。
moto3 race2は出ていなかったみたい。その後のETC race2はリタイア。
という結果。お疲れ様でした・・・。

ちなみにこのペレスも勝つかコケるかタイプっぽい。
このETCですでに2勝しているのはペレスのみですが、
リタイアも多く取りこぼしが多いのでランキングは7位どまりです。
速さがあるのは確かで、すでにmoto3ジュニアにも出場したし、かなり期待されているみたい。(余談ですが、去年まではRFMEで42Motorsportにいたんですね)

この夏14歳になったばかりと言うことで、なんとオンジュ兄弟と全く同い年。
まさにRoad To motogpでは東のオンジュ西のペレスって感じでしょうか。

次戦CEVは10月8日アラゴンです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください