怖い時は怖くない。(蛇の苦手な人は閲覧注意)

2017年シーズンのmoto3クラスでチャンピオンになったのはジョアン・ミルでした。遅くなりましたがおめでとうございます。

彼は表情がいつもキリリとしていて、イイ感じですね。


ただし笑ってても、


何してもちょっと顔が怖いのですが、


逆に言うと、闘志満々のオーラがいつも出ているんでしょう。
伸びるライダーは顔つきからして違いますねぇ。

それにしてもCEV時代からミールをずっと見ているけど、
彼の怖くない顔って今まで見たことがないのですが・・・。
なんと今回すごいことに気づきました。

これっ!!


「誰これ?」っていうぐらい別人の顔。

彼自身が怖いって思っている時は、
彼の顔は怖くない顔になるんだ、きっと!

オーストラリアGPの時のプレイベントで、なぜ大蛇が出てくるのかよくわからないけど、本物の生きた蛇を首に巻かれていた。

そしてこちらがチャンピオンを決めた後の、偽物の蛇です。


違いがわかりますでしょうか?
いや、蛇の違いじゃなくて、ミールの表情の微妙な違い・・・。

同じシチュエーションで同じ表情をしているつもりなのでしょうけど、
こちらの顔はいつものミールに戻ってませんか? 😅

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください