【CEVカタルーニャmoto3】R.I.P. Andreas Pérez

今回Pre moto3の決勝レース2で、アンドレアス・ペレス選手(14歳)がレース中のアクシデントによりお亡くなりになられました。
今シーズンからこのクラスにレギュラー参戦しているアビンティアレーシングの若手のホープでした。

この日のスケジュールは、
moto3 → moto2 → ETC → moto3(レース2) → moto2(レース2) 

事故はこのmoto3(レース2)で起きてしまいました。
まずスタート直後、タタイのマシンが白煙を撒きながらスタートしてしまい、これにより
1コーナーで4、5人が多重クラッシュ。わすか1ラップで1回目の赤旗が出ました。

路面調整のため、しばらく赤旗中断。

その後、クイックリスタートでレースは再開。しかし3ラップを終えたところで再び赤旗。
今回の事故が5コーナーで起きました。
アンドレアスは単独?(なのか、ここがよくわからないのですが)クラッシュしたところに、後続の複数のマシンに轢かれたとのことです。
彼のスタートグリッドは後ろの方(38番グリッド)だったので、3ラップ目のこの事故の様子は生中継でも特に映像はありません。

事故直後には、ドクターヘリで近くの病院に搬送されてましたが。
翌日、死亡が発表されました。

これにより、このバルセロナのカタルーニャ・モントメロでは
この2年間に3人もの死亡事故が起こったことになります。

16年6月3日 moto2クラスのフリープラクティスで、ルイス・サロム 12コーナーでバリアに激突
17年7月8日 バイクの24時間耐久では Enric Saurí が1コーナーでバリアに激突
18年6月10日 Pre moto3決勝、アンドレアス・ペレス。5コーナーでクラッシュ

アンドレアスといえば去年のシーズン途中、14歳になった直後のヘレス戦で待ってましたとばかりにPre moto3デビューを果たしてました。(Pre moto3出場は最低出場年齢14歳以上)
その試合では1日のうちにETCとmoto3の〝両クラスにダブルエントリー〟なんていう事もしていて、とても印象的だったのですが・・・・。

謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください