今シーズン最高のバトルは若いスペイン人トリオの活躍

今シーズン最高のバトルでした、motogpのTTアッセン。
トップ争いでは、あんなにみんな意地の張り合いで接触やコースアウトが多発したものの、トップグループではクラッシュなしでした。すごい!

予選もそうだったのですが、この決勝も大騒ぎの末、やっぱりマルケスが優勝でおさまる。

2位リンスは、今季2度目の表彰台。胃痛だったということで、なんだか前も肩が痛いとか体調の悪い時の方が好成績だったよな!?

3位ビニャーレスも、今季2度目の表彰台。でもマルケスに競り負け、リンスにも最後抜かれてちょっとご不満ぎみ。

今回の目玉は『vsマルケス』という直接対決がみれたこと。

ビニャーレス vs マルケス

終盤トップ争いで二人して意地の張り合い、肘の張り合いで揃ってコースアウト。
このコースアウトはマルケスが珍しく『恐ろしい』と思った瞬間だそうだ。それだけ余裕がなかったということでしょうね。

リンス vs マルケス

リンスも今日は積極的に前へ前へ出て行く。どうやら完走目的で無難に走る気はなさそうでした。おかげでマルケスにぶつかりコカしかけるし、逆にこの後マルケスにあっさりお返しをされた!

ビニャーレスvsリンスも最後にバトルしたりしてmoto3時代のチャンピオン争いを彷彿させました。

見る人によっては、今回のレースは『面白かったものの結果は残念だった』というファンもたくさんいるかと思われますが、私個人的には大満足!
まさに今回のバトルは新たな世代の始まりを感じさせるレースでした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください