蛇を首に巻いたら?(2018年版)

オーストラリアGPでは、去年、ジョアン・ミールが蛇を首に巻いてから、
ここでは、蛇の首巻き🐍が定着しつつあります。

今年はプレイベントで多数のライダーが楽しんでました。
それでは、順番にご紹介します。


ファビオ・ディジアは素直に楽しそう。

ペッコは楽しんでるのではなくて、石のように固まっている。

View this post on Instagram

#AustralianGP style 🐍🇦🇺

Albert Arenasさん(@albertarenas)がシェアした投稿 –

アレナスはこの距離で蛇と正面から見つめ合えるとは・・・。
彼は蛇使いか!?

View this post on Instagram

Good feeling before start tomorrow the action 🐍 #ar42 #suzuki #motogp #australiangp 🇦🇺 #cobratakataka

Alex Rins 42さん(@alexrins)がシェアした投稿 –

これは・・・
蛇の方がリンスを怖がっているように思う。

チャビ・ビエルゲは腕の刺青と蛇の本体が似ていて、紛らわしい。
てか、チャビの腕の方が怖い。

Photo : Celestino Vietti instagram
ブレガの代役で急遽日本GPより世界デビューとなったCEVのチェレスティーノ・ビエッティ。
なんと彼は、蛇の巻き方をレクチャーしているのか!?
いい度胸している😲

(↓クリックで拡大)

最後はミーニョ。
カンガルーとかコアラとの触れ合いはニコニコだったのに、この蛇が登場したら一変。
恐怖のあまり、一瞬で白髪になったお爺さんみたいな顔に😱
この後どうなったのかは、不明。

ちなみに、マルケスはプレスカンファレンス前にこの蛇を勧められていたけど、逃げてたよね😆

さてはて、今後恒例行事となるか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください