世界デビューでいきなり勝ったジャン

Embed from Getty Images

moto3の最終戦は、ジャン・オンジュの世界デビュー戦で初優勝でした。
スコット・レディングの史上最年少優勝記録を更新です。
特例措置で無理やりの世界出場だったからあまり期待してなかった。
ポイント取れればいいかな?ぐらいで。

なのにCEV Pre moto3でもまだ勝ったことないライダーが、いきなり世界で勝利とは。
もうCEVに出なくてもいいじゃない(笑)。
レース前でのグリッド上で、今の心境はどう?ってインタービューを受けていたけど、

ジャン・オンジュ
ベリー・ナルバスだ。

って、淡々としたラテンなまりの返答。
あんまりナーバスな感じはなかったような😅

雨まじりの特殊なコンディションとはいえ、予選グリッド4番。
決勝もスタートが決まり、序盤はその位置以上をキープ。

そのうち、前のライダーがどんどん脱落していき、なんとレース中盤で繰り上がってトップになってしまった。
ジャンはそもそもこんなロングディスタンスのレースは、初めてではないだろうか。

さあ、大変。
独走してても先頭でズッコケる場面が今まで何回あったか!?
こんなに一人で飛ばして最後まで持つのか?

ピットでは大騒ぎで、ajoチームマネージャー自ら『ジャン、抑えろ』のエール。

カメラマン思いっきりわろとる。何言ってたんだろうね、ajoさん。

ラストラップでは、チーム総出で、『抑えろ』『抑えろ』『スローダウン』の嵐。

しまいに、オンジュ兄貴は盛んにこの頭を指差すジェスチャーしてるし🤣

というわけで、この決勝レースはこのクラスで今シーズン最高のみどころでした😜

http://www.motogp.com/ja/news/2018/11/18/%E6%B1%BA%E5%8B%9D%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9-%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A5%E5%BC%9F%E3%81%8C%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%82%92%E7%AF%89%E3%81%8F%E5%88%9D%E5%84%AA%E5%8B%9D/279172