HUAWEI Band3 Pro レビュー編

愛用していたFitbit Charge2が昨年末に壊れました。
まだ新品を買って2年なのですが・・・。

正確には、心拍計の機能のみが壊れたのですが、心拍計が一番肝心な機能なので早速買い替えの運命に・・・。

聞くところによると、うちの姉もFitbitは現在3台目で最近また壊れたと言っていた。
やはり心拍計が壊れるという。早ければ買って1年で壊れたものもあったとか。

心拍計なんて消耗品なのでしょうか。

それはともかく、再びFitbitを買うのも気が進まなくなってきた。
Fitbitって決して安い買い物ではないし、現在はもっと安価な中華製のスマートバンドもいっぱい出ている。消耗品と考えるなら、ブランドにこだわらず、安いものでもいいのではないか?
結局、HUAWEIのBand3 Proを買いました。昨年の10月に登場したばかりの新製品です。
使用して1ヶ月ぐらい経ちましたので、簡単なレビューなど書きますね。

HUAWEI Band3 Proのカラーはブラックとホワイトの2種類。

Photo:HUAWEI

ホワイトのカラーに惹かれて、即買いました。
実際の色は広告やカタログの写真ほどの高級感はないです😅
まあ、この辺は許容範囲。


つけ心地は非常に軽いです。Fitbitより付け心地はいいかも。
時々、つけていることを忘れるほどフィットしています。

あと、バッテリーの持ちがすごくいいということ。
GPSを使用しても何日も持つので、あまりにもバッテリーが長持ちしすぎるので、ついつい充電するのを忘れてしまったりします。

値段の割にはスマートウォッチとしての機能は満載でとても満足なのですが、
Fitbitに対して唯一惜しい点を2つほど書いておきます。
(これは人によっては、全く気にならない項目でもあると思いますが・・・。)

一つめは、HUAWEI Bandにはパソコン用のアプリがないのでパソコン画面でデータが見れないということです。
スマホアプリでのみ閲覧可能。ただしスマホからのデータのダウンロードはできるので、
それをパソコンに画像として読み込んだり、保存したりすることはできます。

もう一つは、ソーシャルや共有に弱い。データは自分のスマホ内で独立して完結しています。
せっかくGPSデータログも取れているのですが、とにかくデータとして共有ができない。
私はStravaもしているのでGPSログの共有が必須なのですが、ログの連携がないのが非常に惜しいところです。


仕方がないので、Strava用のGPSログは、バイクツーリングで使っていた登山用のGarmin eTrex20を使っています。
これで取ったログなら簡単にStravaにアップロードできるので。(ジョギングの携帯としてはちょっとお荷物になるけど😓)

→ 次回はアクティビティ機能について書きます。