2019シーズン発表会いろいろ

motoGP界は、チームのプレゼンテーションが続々と続いていますね。

発表会の一番乗りは、いつものようにドゥカティでしたが、日本時間の夜中ライブ放送だったので見てません。
ホンダ、ヤマハはいつもどおりに華々しく行われました。

KTMは、ちょっとビックリ! ビジネスライクで攻めてきた。

View this post on Instagram

@ktmfactoryracing . @iammrshit @johannzarco @migueloliveira44 @hafizh_syahrin @bradbinder_41 @marcobez72 @88jorgemartin @philippoettl65 @canoncu61

Polyccio44 MotoGP Riderさん(@polespargaro)がシェアした投稿 –


これじゃあ、まるでどっかの企業の入社式だ。

今年のKTMは全クラス合同で9台だから随分拡大してきました。
将来的にはモトクロス界みたいになることを期待しているけど、どうなるでしょうか。

プレゼンテーションは約50分間あって、ライダー登場は後ろ半分ぐらいから。まあまあ豪華なお披露目式でした。

で、ちょっと待って! なのが、スズキ

お得意スポンサー様が特にないから発表会はしなくても別にいいわけですが・・・。
発表会の規模は年々縮小していき、今年はついにビデオ発表のみ😑
https://youtu.be/FZaB6u28f2s しかもチーム体制の不具合だったのか、当初のお披露目日の予定(1/31)より3日ぐらい遅れたし。
一体何が遅れたんだろう・・・。

あとmoto2やmoto3クラスから、目についた発表会をピックアップ。
中軽量クラスにしては、おおむね立派なプレゼンテーションのところが多いです。


ユルチェンコと真崎くん。


ロドリゴとロッシ(リカルド)。

ここから先は、ライダー2人に対してマシンが1台、つまり二個一になるけど、あまり気にしない😅

View this post on Instagram

Ready to go

RW Racing GPさん(@rw_racing_gp)がシェアした投稿 –

ベンスナイダーとオデンダール。


Sic58のところは、大人数過ぎてマシン1台。ゼッケンは空白だったけど、CEVのジュニアライダー達もいっぱい参加しているのでヨシとしよう。

そして、この辺から怪しくなってきた。

Forward Racingはフェナティ騒動がありましたが、マンジのチームメイトは結局エガーターに落ち着いたわけだけど。
ライダーとマシン登場は発表時間1時間枠のうち51分過ぎ。

View this post on Instagram

#tbt MV Agusta Idealavoro Forward Racing Team presentation • link in bio for the complete video • #forward #mvagusta #racing #presentation #unveiling #riders

Forward Racing Teamさん(@forwardracinggp)がシェアした投稿 –


バイクは1台でゼッケンは半分づつ。
平等にということで、考えたなぁ・・・(とりあえず納得)

で、極めつけはCIP

ライダーとマシン登場は1時間15分枠のうち1時間過ぎ。
1時間かけて延々とスポンサー様が(伊語だったっけ?で)喋り続ける退屈なイベント😅
ちなみに2人とも英語圏のライダーなので、プレゼンテーションの内容はほとんどわからなかっただろうし、後ろで控えてて本当に暇だっただろうなぁ。
Live動画リンク、どっかにいってしまいました、代わりに写真どうぞ。

View this post on Instagram

IT IS TIME FOR THE CIP-GREEN POWER TEAM TO REVEAL THE 2019 LIVERY After a 2018 season punctuated with some podiums, the CIP-GREEN POWER Team of Alain Bronec went to Italy in order to officially launch the 2019 season in Moto3. The presentation took place on February, 1st in the headquarters of Green Power Company in Pesaro, Italy. This season will be a learning phase for the British rookie Tom Booth-Amos. Darryn Binder will start his fifth season in Grand Prix. The French team from Alès, France, still has KTM and their main sponsor Green Power (Epta group societies’) extends its partnership for the new season. The company is the leader on the generator’s international market and is joined by Unicom Starker, a society specialized in the selling of ceramic material of premium quality. Those major partnerships are a very strong support for the team to perform throughout the year. The South African rider, Darryn Binder is one of the new recruit of the CIP-GREEN POWER Team for the 2019 season. Aged of 21 years old, he rides in Grand Prix since 2015. After a 17th place in the world standing and a third place in Japan in 2018, he really wants to continue on this path and to add new podiums to his list. His knowledge of the category and the bike will be a strong argument for him to fight in the front group and to reach the final Top-5. Tom Booth-Amos is one of the nine rookies of the year in Moto3. The 2017 Moto3 Motostar British Champion had the opportunity to compete during the 2017 Silverstone Grand Prix as a wildcard, this allowed him to discover the very high level of the category for the first time. His 2018 season in the FIM CEV Repsol Moto3 World Championship was interrupted by injuries. Now, Tom can’t wait to discover the Moto3 World Championship and to show what he can do. The first private tests will take place in Valencia on February, 6th and 7th 2019. It will be the time for the team to launch the 2019 season and to have a working base for the year to come.

CIP-GREEN POWER MOTO3さん(@cip_moto_official)がシェアした投稿 –


バイクは二個一なのはもちろん、2人とも私服なのか!?
これ、アットホーム・・・と言うのとは何か違うよね。
お疲れ様でした、トムとダーリン😑

あと、どこのチームだったかもう忘れたけど、どこかのサーキットでひっそり写真だけ撮って発表していたのもあったような・・・。

明日(11:15AM〜、日本時間の19:15〜)はガリシアチームとか、まだまだこれから発表するチームもありますが、とりあえずこの辺で。

➡➡➡いよいよアンケートの締め切りが迫ります。投票がまだの人は是非お早めにご参加ください。

スベモト☆年末年始キャンペーン ~第2弾~
あっという間に今年も終わりですね。 そこで今年も年末年始キャンペーン第2弾を開催させていただきます! motoGPでは、20...