2019CEV 最終戦バレンシア

この投稿をInstagramで見る

Your 2019 FIM CEV Repsol Champions! 🏆🏆🏆 // A great year of racing! 👏🙌 #RoadToMotoGP #Motorcycle #Racing #Motorsport

FIM CEV Repsol(@fimcevrepsol)がシェアした投稿 –

最終戦のバレンシアにて、moto3クラスのチャンピオンも決まりました。
これで2019年シリーズ全クラスのチャンピオンが揃いました。
左から
【ETC】イザン・ゲバラ
【moto3ジュニア】ジェレミー・アルコバ
【moto2】エドガル・ポンス

アルコバ(中央)は、やっと念願のチャンピオンに!
来シーズンはグレシーニ・レーシングで世界選手権にステップアップが決まってます。

さてヨーロッパタレントカップ(ETC)の最終戦ですが、
チャンピオンを決めたイザン・ゲバラが出場していない!?
よく見ると今回からmoto3Jrクラスにエントリーしていました。

今回のETC決勝レース、優勝はイバン・オルトラ。
開幕戦のエストリルと最終戦のバレンシアだけ優勝するというなんともおいしい勝ち方をしてます。
開幕の時以来の表彰台だったので存在を忘れかけてましたが、この半年で随分印象が変わってます。

開幕の優勝インタビュー。
14才でまだ垢抜けない子供だったイメージが・・・。声もすごく甲高い。

今回の優勝インタビュー。
15才になってちょっとイケメン風兄ちゃんになった? 声は低くなったものの高めの声。

そして何より目立つのが彼のライディングフォーム。
コーナリングでは常に大股びらきです。しかもかなりワイルドで大胆。
Photo : fimcevrepsol.com

顔(イメケン)と、声(甲高)と、フォーム(ワイルド)の各イメージが全く一致しないという・・・なんとも不思議なライダーです。