Skypeを使ってカナダにトールフリー『0円でした』

明けまして、おめでとうございます(遅い💦)。

実は先月からずっと続いていた懸案事項がやっと本日ズバッと解決しました。
いやー、めでたいです!!

話すと長いのですが、先月、カナダの銀行のネットバンキングにログインしようとしたら、
ちょっとしたログインミスでアカウントがロックされてしまいました😨

実はだいぶ前にも日本の銀行でネットバンキングのアカウントがロックされた事があり、
銀行に電話をかけて本人確認を取ってもらうっていう面倒な作業をした覚えがあります。

これで、カナダまで電話しなければならない羽目に。(本人確認はメールには不対応らしい)
お客様用のコレクトコールにかけるものの、呼び出し音までは鳴るが一向に繋がりません。
去年からずっと年をまたいで、6、7回はかけた。

この番号は24時間対応ってなっているが、24時間、一度たりとも繋がらないではないかw

コレクトコールと言っても、最初の英語音声ガイダンスのボタン操作の何分かは有料。
そんな安易に何十回もかけ続けたらどんどん通話料金がかかってくる。
相手は多分トロントなのでちょうど日本とは昼と夜が逆になり、それがまた繋がりにくい理由なのか!?
いや、違った。
日本で深夜=相手は確実に営業時間内という時間帯にかけても繋がりません。
日本の企業と違って物事に対して非常にドライなのはわかるんだけど、
これ、もしカードなくしたとか緊急事態だったらどうするんだ!?

今まで10年以上お世話になってきた銀行ですが、今回の件でちょっと踏ん切りがつきました。
次の定期預金の満期が来たら、ごっそり引き上げようと思います。
時代も変わって海外に資産逃避なんてもう無理ですよね。(←逃避するほどの資産はないがw)
今や海外の銀行も日本のマイナンバー提出は必須だし。

それはともかく、
このまま電話がつながらなかったら、またカナダのバンクーバーの店舗まで行かなければならないのか!?
それは勘弁してくれ~😱

コレクトコールがつながらないとなると、
北米圏内専用のフリーダイアル番号にかけるしかない。
アメリカやカナダのフリーダイアル『Toll Free』 1-(800) とか1-(8××) は、日本からかれられない、もしくはかけれても通常の国際通話料金がかかるらしい。

そこで色々試行錯誤していったら、こんな情報を発見。
『Skypeからだと、クレジットなしで0円でアメリカにフリーダイアルにかけれる』!?

こちらからの発信者番号がなくても相手には『非通知』または『匿名』で表示、
または、任意でこちらの発信者番号を表示させる設定にもできる。
アメリカもカナダも国番号は1なので共通するし、多分カナダにも使える。

で、そのSkypeを使ってカナダにかけてみました。
不思議なことにあんなにコレクトコールで誰も出なかったのに、
その直後にSkypeでトールフリーにかけたらすぐに繋がったではないか。(おいおいっ)
こちらの発信者番号は非通知(無設定)だったので、
こっちが日本人って分かったらオペレーターはビックリしていたようだけどw

ま、細かいことは気にしないことにして・・・

やっと本人確認してもらえる段階までこぎつけました。
日本の銀行だと認証手段は、生年月日だけで1、2分で終わったような記憶だったけど、
とにかく今回の本人確認のための質問はめちゃくちゃ多かったです。
海外の銀行はほんとセキュリティにすごく厳しいですからね。
なんとか本人確認の照合がもらえて、ロックも解除できました。
今度からログインする時は、より慎重にならないと。

通話時間は通訳も挟んだ影響で、20分近くもかかってしまいました。
本来は何千円かかかるところだったけど、これで通話料0円ですからね。

スカイプすごい! すごすぎます!! 👏👏👏💯

もうこんなパターンで使う場面はないと願いたいけど、
もし今後アメリカやカナダのトールフリー番号にかける機会があったら、
スカイプを使うとクレジットなしで、しかも無料で使える!
っていう事を覚えておいて損はないはず。