Transferwiseを使ってみた。【海外→日本へ。自分宛に国際送金】

国際送金・・・
海外にある自分の銀行口座から日本の自分の銀行口座に送金したいのですが。
銀行を通すと手数料が高いですよね。

何年かぶり・・・下手したら10年以上ぶりに
国際送金のお世話になることになったのですが、なんだか時代がすっかり変わっている😓

今はTransferwiseっていう便利な海外送金サービスがあるらしい。
ネットさえつながれば、銀行に頼むことなく自分の好きなタイミングで送金操作ができるようで、特に送金を何回も行う人や、まとまった金額を送金する人にはお得らしい。

しかも、このTransferwiseの共同創業者の一人は、あのSkypeのTaavet Hinrikus氏だとか。
Skypeは毎日使っている上、この前のカナダへのトールフリーではすごくお世話になっているので、これはまちがいなく信頼できる送金サービスと見た!

私も早速Transferwiseを使ってみました。
まず初回は本当に使えるかお試し送金なので、少額10カナダドルを動かしてみます。
流れをざっと説明すると・・・

●Transferwiseにまず個人情報や、海外(私の場合カナダ)と日本にあるそれぞれの自分の口座を登録します。

カナダの銀行を登録する場合は
Financial Institution Number(銀行番号)
Branch Transit Number(トランジット番号)
Account Number(口座番号)
の3つを正しく入力しないとエラーが出ます。

日本の銀行を登録する場合は、
あらかじめ候補の名前がズラッと一覧で出るので楽でした。

●送金金額を入力した後、
入金方法欄はデビットカードやクレジットカードなど5つぐらい選択できますが、
私の場合は選択の余地はなく、口座引き落としに当たる『ダイレクトデビット』を選択。

●ここでカナダの銀行一覧が出るので、あらかじめ口座を登録した銀行を選択すると、
その銀行のwebサイトのログイン画面が出ます。

●セービング口座(またはチェッキング口座)の一覧が出るので該当する口座を選んで、送金受付は終了。

●1、2分ほど手続き中の画面のまま待たされます。(ここでエラーが出ないかドキドキします)

●送金申し込みが正常に終わるとこういう画面が出ました。

●そして6日後、無事に日本の銀行口座に入金されていました。

10ドル送金 828円分(1カナダドル=82.8297円)
手数料 345円
受取額 483円
→送金が完了すると受取証書みたいな証明書がPDFで発行されます。

今回はパスポートや免許証などの本人確認提出のみで、
初回で少額の場合はマイナンバーもアクティベーションコードも必要なかったです。

とても簡単でした。
パソコン画面でもスマホアプリでもどちらも日本語で対応しています。
銀行に出向くことなく、全て自分で操作できるという意味では便利な時代になりましたね。
一回の送金上限は多分90万円前後まで可能なので、次回からは円安動向のタイミングを見つつ、金額を増やして何度か使おうと思ってます。

これから使ってみようというかたへ。
下記から申し込むと、クーポン🎁付いてます。↓ ↓ ↓

https://transferwise.com/invite/u/kayokoi10