CEV第2戦バレンシア【ETC&moto2】フェルミンの勝因は?

FIM CEV第2戦目のバレンシア大会です。

【ETCクラス】

ポールポジションはウーゴ・ミラン。
いきなりチームメイトが大けがで欠場になり、励ましのボードを掲げてます。

【レース1】
優勝 #51ブライアン・ウリアルテ(12才) ➡️マルコス・ウリアルテの弟ですか?
2位 #44ウーゴ・ミラン(14才) ➡️ニックネームはスーパーウーゴ
3位 #85Xabi Zurutuza(15才) 

このシャビ、ズル、じゃなく、ス、スル、トゥサ・・・
このライダーの名前がすごく言いにくいんですけど💦
バスク出身なのですが、シャビ・スルトゥサでいいのかな?
彼のSNSアカウントが “シャビスル” ってなっているから、とりあえずシャビスルと呼ぼう。

このシャビスルは実は繰り上がりの表彰台です。
元々は#28マキシモ・マルティネス(13歳)が3位で表彰式まで済ませていたのですが、後でポジション降格になりました。
表彰式が終わった後に『順位入れ替わりなさい』・・・って、
降格した方も昇格した方も後味悪いですよね😢

【レース2】
#83 アルバロ・カルペ(13才) ➡️クラス2年目で初優勝
#10 アドリアン・クルーセス(14才) ➡️現在ポイントリーダー
#44 ウーゴ・ミラン(14才) ➡️1ポイント差でランク2位


スーパーウーゴが開幕から安定して表彰台を獲得していますね、まだ勝ってないけど。
クーナで44番をつけるぐらいだから、かなり期待されているのでしょう。

あと、目についたライダーを何名か書いておきます。

➡️#18 アンヘル・ピケラス 最後の最後にこける。彼もなかなか伸び悩んでます。


➡️MIRレーシングで前回の勝者、#22 ダビド・ガルシア・アルマンサ(15才)
マシンの色がカルドソレーシングの紫色と似ているのですが、こっちは
紫とピンクのグラデカラーになっていてすごく綺麗です。

➡️#95 マルコ・モレッリ 今年からアルゼンチン人🇦🇷になっている。
最近、スペイン→南米に国籍を変えるのが流行ってきたか!?

【moto2クラス】

moto2は予想通り、開幕からフェルミン・アルデゲールとアロンソ・ロペスの独占レースが続いています。
今回のレースはフェルミンがやや出遅れて調子が出てなくて、ついにロペスが優勝かと思われました。
そんなタイミングで序盤に赤旗中断。
この赤旗でフェルミンが不思議な行動をとったのです。気付いた人はいるでしょうか。
ピットに戻るなり、急いで革ツナギを脱ぎ始める。


そんなに暑かったのか?と思ったけど、そうではなくて、
せっかく新しく作ってもらったスポンサー付きのピッカピカ新品つなぎを脱いで、
前回のレースで着ていたボロボロの黄色のつなぎに着替えていたのです。

で、レース再開後はトップを独走して優勝しました。
つまり、新品つなぎがしっくりこなかったってことかな😆

この投稿をInstagramで見る

Team Ciatti(@teamciatti)がシェアした投稿


ロペスはロン毛になリつつあるし、随分華やかなイケメンチームになっていますね。