CEV第3戦カタルーニャ【moto3】世界デビューの代役達は?

前回の世界選手権カタルーニャGP・moto3では負傷欠場したコフラーの代役としてダニエル・オルガドが念願の世界デビューを果たしました。
CEVではASPAR JUNIOR TEAMなので、このツナギのまま出場するわけにはいかず、
世界選手権ではCIP Green Powerに合わせて緑色のツナギを新調してもらってました。

こっち(CEV)で圧勝中のポイントリーダー・オルガドでも、世界選手権では決勝15位(1ポイント)で無事デビュー戦を終了。
前日までいっぱいコケてマシンを壊していたけど、決勝ではきっちりリザルトを残したのはさすがです。

今回のFIM CEVカタルーニャ大会
【レース1】
1 アズマン
2 ダビド・ムニョス
3 ルエダ

〈Photo: fimcevrepsol


現在、インドネシアではアジが凄い人気で、もう初表彰台か!?初優勝か!?で大騒ぎしているけど、今回はどんでん返し、まさかのアズマン(マレーシア人)が初優勝です。


『これ、誰』状態。
ルエダ、1〜2年見ないうちにすっかり顔が変わってるし💦
久々の活躍で、ついに復活を期待される。

【レース2】
1 オルガド
2 オルトラ
3 オーデン
4 ダビド・アロンソ

世界選手権でもうなぎ上りのガスガスアスパーチームは、このジュニアチームもみんな強い。
オルトラは現在別チームだけど、去年までずっとアスパーにいたし、
まさにアスパーの1️⃣2️⃣3️⃣4️⃣ 状態ですね。

さて、今週末のドイツGPと次のTTアッセンにもコフラーの代役が必要。
オルガドは同日開催のルーキーズカップに出なきゃいけないので、コフラーの代役はケルソにバトンタッチされた。
ケルソの成績は、現在ランキング18位、今回のCEVではレース1は8位、レース2は11位。
さぁ、どうなる😳

【オマケ】
CEVは関係ないのですが、代役ネタついでにもう1人代役ライダーを書いておきます。

前々回からmoto3のタタイの代役で出ているエリア・バルトリーニってどこかで見たことがありませんか?
現在CIV(イタリア選手権)でポイントリーダーの選手なのですが、

〈↓クリックで拡大〉

こちらの記事で貼り付けたロッシのVR46アカデミー在籍していた真ん中に写っているロン毛の兄ちゃん(姉ちゃんではない)だったのです。
この時はニコラを紹介したはずなのですが、今では同期のエリアの方がずいぶん活躍しているようですね😅
次回のドイツGPも引き続き代役で出る予定。