CEV第3戦カタルーニャ【moto2】フェルミン&ロペス、交代で世界の代役=大忙し

CEV moto2では開幕からリザルトのワンツーが固定化されつつあります。

1位 フェルミン・アルデゲール
2位 アロンソ・ロペス

この投稿をInstagramで見る

Team Ciatti(@teamciatti)がシェアした投稿

新しいツナギも馴染んだようで、快調に連勝中のフェルミン・アルデゲール。
完璧ですね。

(↓クリックで拡大)

と思ったら、なんとドリンクが自前の魔法瓶だった😳

ところで、世界選手権のmoto2で負傷したヤリ・モンテッラの回復がかなり遅れています。
ロペスとフェルミンが交代で引き継いでいる状態ですが、引き続き今週末のドイツGPはフェルミンが出場予定。
しかも昨日のニュースでは、ポンスチームのガルソが負傷欠場となり、アロンソ・ロペスが急遽代役として指名される事態に。

まとめると、

フランスGP – ロペス(リタイア)
イタリアGP – フェルミン(12位)
カタルーニャGP – ロペス(21位)

→今ここ。さらにまだ続く!

ドイツGP – フェルミン
ドイツGP – ロペス(別チームで代役)
TTアッセン – 多分ロペス?(←フェルミンmotoE出場のため)

2人とも大人気ですね。

フェルミンはなんとCEVとmotoEとmoto2のトリプル掛け持ち!
この人、ETCを2年間出場した後、moto3を一度も走ってなくて、いきなりCEVmoto2。

今回、実況アナウンサーはすでに来年の世界昇格の話をしていて、moto2クラスは間違いないとして、ボスコスクーロ(現在CEVで所属)のままか、アスパー(現在motoEで所属)になるかで盛り上がっていた。

この2、3年で、moto2の『Stock600』クラスって密かに人気が出てきました。
ついに今シーズンからはmoto2とは分けて独自の表彰台を設けられてます。
ETCや、その他各方面から登竜門のmoto3ジュニアに入り損ねた、またはmoto3ジュニアを放出された若いライダーが、このクラスにたどり着くパターンが目立ってきた。
フェルミンがいい下地を作った感じです。

【佐古大次郎情報】
去年までETCに出ていた佐古くんがmoto2(Stock600)に登場。
参戦したのは良かったものの、レース1でいきなり大クラッシュ
エアフェンスに衝突する大けがです。
1日も早い回復を🙏