CEV第4戦アルガルヴェ【moto3】世界デビューで勢いつけて初優勝ケルソ、アコスタも観戦

ジョエル・ケルソ(18歳)がついに飛躍しました!

明らかにキッカケは先週まで出場していた世界選手権。
負傷欠場のマクシミリアン・コフラーの代役で、まずダニエル・オルガドが世界デビューしたのですが彼も色々忙しいので、その後続としてジョエル・ケルソが抜擢されました。
2回ほど出場して、完走はしたもののノーポイントで終わっていました・・・。

今回のアルガルヴェ大会ではそのケルソがまさかのポールポジション。
決勝レースでは、ハリソン・ヴォイトの関連するクラッシュで赤旗中断になりましたが、ライダーOKでレース再開。10ラップのみの決勝レースとなりましたが、そんなハプニングもなんのその。
勢いついたケルソがポイントリーダーのオルガドを抑えて堂々の初優勝(初表彰台)を果たしました。

優勝・ジョエル・ケルソ
2位・ダニエル・オルガド
3位・マルコス・ウリアルテ

一方、同じように今シーズンから世界選手権にたびたび出場機会を得ていた松山拓磨ですが、ケルソとは逆ですっかり調子を崩したのかな??
調子の良かったCEVでも低迷し、今回は予選21位、決勝リタイアとなりました。

【オマケ】

ペドロ・アコスタは木曜日からのレース期間中、ずっとポルティマオサーキットにいたようです。
自身はサマーブレイク中にも関わらず、ポルトガルのあんな不便なところまで顔を出しに行って、各チームの若手達の指導をするとは、偉いですねぇ🤔

こちら、ETC・ゴンザロの木曜日のインスタから。助っ人アコスタの様子🔧

この投稿をInstagramで見る

Gonzalo Pérez(@12.gonza_)がシェアした投稿

こちらは決勝日のMT foundation77チームのピット内。(去年までアコスタが在籍していたアンドレアス・ペレスのチーム。)
両側のちびっこはETCのカルぺとアルベルト。
みんなで熱心にmoto3のレースを観戦しているところ👦👦👦

で、このMT foundation77ピット内で、どこかで見たことがある人を発見。
↓ ↓ ↓ この左の人(クリックで拡大できます)


数年前に若くして突然引退したあのフアンフラン ・ゲバラじゃないの !!!

→次回は7月25日アラゴン大会です。