CEV第6戦ヘレス【HETC】マルティネス初優勝 → 連勝 → ポイントリーダー

ヨーロピアンタレントカップ(HETC)第6戦ヘレス大会です。
今回のレース前にはウーゴ・ミリャンの黙祷が行われました。

この投稿をInstagramで見る

Cuna de Campeones(@cuna_campeones)がシェアした投稿


今回参戦するライダー達は、マシンやツナギにスーパーウーゴのロゴをあしらっている人が多かったですね。

レースの方ですが、今回はマキシモ・マルティネスが絶好調で2連勝です。
【レース1・レース2とも】
優勝 マキシモ・マルティネス
2位 ブライアン・ウリアルテ
3位 アンヘル・ピケラス


マキシモ・マルティネスは開幕戦から毎回のようにトップ争いをして、型破りなほどイキのいい走りはずっと目についていたのですが、ついに今回初優勝で連勝。そしてポイントリーダーにもなりました。
チームホンダ・ラグリース所属となってますが、HRCのカラーリングマシンにHONDAの大きなロゴ入りのツナギ。メカニックのシャツにもHRC入ってますね。HONDAのバックアップでもあるのかな?
マキシモは13歳のスペイン人にしては、英語の受け答えが妙に堪能で、実況アナウンサーも感心してました。


久々に好調だったアンヘル・ピケラス。
1年ぶりぐらいの表彰台でしたね。久々に見ると、誰かわからなかったw
すごく顔変わってる。

クーナ・デ・カンペオーネスの2人(スルトゥーサ&クルーセス)はさすがに元気がない。今大会は2レースとも表彰台すら無しです😔
そんな中、クーナに新しいライダーが別チームからの移籍してきたようです。
RUCHÉ MOODLEY (ルーシェ・ムードリー)は、南アフリカ🇿🇦出身、黒人のパパと白人のママのハーフで、どうやらビンダーの弟子にあたるみたい。
今回のレース2では9位フィニッシュと、クーナに入った途端、成績が飛躍しましたね。

この投稿をInstagramで見る

Ruché Moodley(@ruchemoodley21)がシェアした投稿


↑↑↑
ちなみに復活したミゲル・オリベイラファンクラブ🇵🇹から参戦のアルフォンソ・アルメイダは予選落ちでした😭
次回も出てこれるだろうか💦

開幕からの各優勝者。
 ↓↓↓
ルーストン
アルマンサ
ウリアルテ
カルぺ
スルトゥーサ
スルトゥーサ
クルーセス
マルティネス
マルティネス

熾烈な優勝争いです。
現在ランキング4位までが僅差で、みんなにチャンピオンの可能性があります。
こりゃ最後の最後までわかりませんね。

1.マルティネス(13歳) 136pt
2.クルーセス(15歳)  128pt
3.スルトゥーサ(15歳) 125pt
4.ウリアルテ(13歳)  116pt

➡️ 次は3ヶ月後の11月21日バレンシア大会。いよいよ最終戦です。
(その前にmoto3Jrだけは9月18日にGP併催のミサノ大会があります。)