CEVから世界へ〜 今後注目される16歳を2人ピックアップ!

日本GPではまさかのマルケスチャンピオン決定で盛り上がりましたねー。
去年のCEVチャンピオン・ブレガは初の来日でしたが、すでに大人気のようで今回は(繰り上がりですが)表彰台も獲得しました。

大変遅くなりましたが今回はそのCEVネタから。
このブレガに続くヤングスターはいるのか!?ということです。
現在16歳前後の若い人となると、VR46アカデミーからは

デニス・フォッジャ?
マルコ・ベツェッキ?

あたりですが、なんだか活躍しそうで表彰台も厳しい状態。
今シーズンの優勝者って常連のポルタ&ラミレス以外では鳥羽とアルボリーノの2人だけ。

注目:1

今年のRed Bull Rookies Cupで見事にチャンピオンになった佐々木歩夢(16歳)。
茂木でもサイン会があったようですね。
こちらのCEVではHONDAのチームなのですが、ちょっと苦戦してます。
同期の鳥羽海渡の方がCEVで優勝もしているしランキングも上なのですが、
残念ながら彼はここぞ!という時によくクラッシュしてしまってます。
来年の世界選手権デビューは総合的に見たらどちらかというと安定の佐々木歩夢になるのでしょう。

ルーキーズカップチャンピオン獲得と、今月めでたく16歳の誕生日を迎えたのとで、
ダブルでおめでとうございます、佐々木くん!!

2016sasaki

注目:2

トニー・アルボリーノ(#44 イタリア人・16歳)。
昨シーズンのCEVルーキーイヤーから光るものがありましたが、ついにこの前のレース2でCEV初優勝をしました!

しかもトップグループ大混戦の中、最後に競り勝ったのは頼もしいです。
優勝インタビューではまださすがに英語は話さないだろうと思っていたら、最初は流暢なスペイン語で対応し、途中からイタリア語になっているというw。


sic58squadracorse
左:アルボリーノと、 右:パオロ・シモンチェリ(マルコ・シモンチェリの父)

彼は現在シモンチェリパパのチーム『Sic 58 Squadra Corse』所属。
今年8月に16歳になったばかり、去年のCEVデビュー当時はまだ14歳でとてもちっちゃかったトニーくんです。
このチームはいよいよ来年世界選手権のmoto3に参戦が決まったので、
彼もこのままこのチームごと世界選手権デビューとなるんでしょうか。

2016arbolino最近は髪を切って大人びてきたのですが、ちょっと前まではオシャレヘアでとてもかっこ可愛かった少年です。ロリー・スキナーに負けてない!?

→ 次回はいよいよ最終戦、11月20日バレンシアからです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください