Fitbit Charge2購入 〜リストバンドサイズについて〜

Fitbit Charge2

10月21日発売の『Fitbit Charge2』を早速購入しました。
実は私にとって初めてのリストバンド活動量計です。

今時のスポーツ選手には必需品だし、私はスポーツ選手ではないけど(^^; ほぼ毎日運動しているので、前々から活動量計はいろいろ検討していたのです。
ちょうどいいタイミングで今月Fitbitから新製品が出ると知り、
内容的にも継続心拍計自動睡眠記録ガイド付き呼吸セッションなど、
欲しい機能が全部揃っていたので迷わずコレに決めました。
何回か分けてレビューを書きますが、まず一番気になるのがリストバンドのサイズではないでしょうか。
サイズはSかLの2種類しかありません。

S:140mm~170mm
L:170mm~206mm

私の手首周りは正味のサイズは140〜145mmですが、
リストバンドサイズ測定ツール(fitbit他機種ですが同じサイズ分け)を巻いてあてがってみると、
何度測っても170mm前後になり、
SでもLでも当てはまるのですね。
これってどっちがいいの!?

って感じの人、結構いるのではないでしょうか。
Fitbitとしては、どっちにも当てはまる場合は大きめのサイズを推奨します、となっている。
他の方の(Fitbitの他機種ですが)レビューを見ても、
SでもいけないことはないけどLでよかった、
男性だけどSでピッタリだった、とか
これはちょと小さいとか、
人によってレビューはバラバラ。

そもそもMサイズはないのですか!? っていいたいところですが、
このFitbit Charge2はリストバンドの着せ替えができるので、
そこまでシビアに悩まなくてもいいと思います。
私も迷ったのですが、窮屈なのはやっぱりイヤなのでとりあえずLサイズにしてみました。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こんな感じ

普通の時計をつける感覚なら、Lサイズのベルトの穴1つ目でぴったり、いや実はもう1段締める穴が欲しかったくらい、かな。

でもFitbitのつけ方として、『手根骨から指一本分内側につける』というのと、Fitbit本体の裏側の心拍計の部分がフラットではなく結構盛り上がっているのでベルトをあまりにもピッタリ閉めるとその部分が皮膚に食い込んで痛いのですね。
となるとベルトの穴1つ目か、圧迫感があるようなら2つ目に緩めてもいいぐらいでした。


 ・・・さらに運動時推奨の『指3本分内側に装着する場合』はベルトの穴3つ目、もしくは4つ目まで緩めます。

fitbit%e4%bb%98%e3%81%91%e6%96%b9


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この位置では3つ目の穴まで緩めます。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
裏側。ピチピチです。4つ目に緩めてもいいかも。

もちろんこのままだと激しい運動としていると遠心力で手先にどんどんFitbit本体が寄ってくる場合があるので説明ではキツめに巻くけど、締めすぎないように・・・となっている。
けどそれが難しい。
私なりに考えたのは、タオル地みたいな別のリストバンドを手首に巻いてFitbitが手先に寄らないようにして本体は緩めに巻いている・・・感じにしています。

次回は各機能についてレビューしていきます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください